外壁塗装工事はいつの時期がおすすめ?何月が最適なのかベストシーズンを考える

外壁塗装工事はいつの時期がおすすめ?何月が最適なのかベストシーズンを考える外壁塗装の基礎知識

最近、家の外壁の汚れが目立ったり、所々ひび割れていたり、塗装が剥がれている箇所がある。

そういった外壁の劣化が見られる場合は、外壁塗装の塗り替えタイミングかもしれません。

しかし、一つ気になることが。それは「外壁塗装はいつの時期にやるべき?ベストシーズンはどの季節か?」ということ。

一般的に「気候が安定する春と秋が外壁塗装に最適な時期」と言われていますが、具体的に何月がおすすめなのか知りたいですよね。

そこで私、外壁塗装マニアの尾崎(@ozaki_gaiheki)が、外壁塗装に最適な時期を徹底的に解説!これさえ読めば、いつ外壁塗装の塗り替えを依頼すべきか分かります!

外壁の塗り替えを検討するタイミングは10年スパン

まずは、何年ごとに外壁を塗り替えるべきか?ということに関して。

多くの専門サイトでは「外壁塗装は10年スパンで塗り替えるべき」と言われていますが、明確には耐用年数を基準に考えるといいでしょう。

外壁塗装の耐用年数は、現在塗ってある塗料(グレード)によって異なります。

外壁塗料のグレードによる耐用年数
塗料(グレード)耐用年数
アクリル系塗料5年
ウレタン系塗料10年
シリコン系塗料10~15年
ラジカル系塗料12~15年
フッ素系塗料15~20年
光触媒塗料15~20年
無機塗料20~25年

一般的な戸建住宅の外壁に使用されている塗料はシリコンがほとんど。そういった理由から「外壁塗装は10年スパン」と言われてるのでしょう。

ただし、塩害や排気ガスといった地域環境によっても外壁の劣化度合いは異なるので、塗料(グレード)の耐用年数はあくまで目安。実際に自宅の外壁の汚れ具合をみて、塗り替えを検討するといいでしょう。

尾崎
尾崎

自分の目で確認して、塗り替えタイミングを判断しましょう!

梅雨の時期の外壁塗装は避けよう

梅雨の時期の外壁塗装は避けよう

雨の日が多い梅雨の時期は、極力、外壁塗装を避けるといいでしょう。

塗料メーカーの推奨値では「塗装に適した湿度は85%未満」とあります。つまり、雨の日が続いて、湿度が高くなりがちの梅雨の時期は外壁塗装に不向きということ。

また、塗料に雨水が混ざることで仕上がりが悪くなることも考えられます。下塗りの乾燥が不十分なうちに、中塗り、上塗りと重ね塗りをしてしまうと塗膜が剥がれる原因にも。

雨が降ると塗装ができないため、工期も伸びてしまいます。

梅雨の時期は一般的に5月〜6月、長引けば7月まで割り込む年もあります。とにかく梅雨の時期は避ける。覚えておきましょう。

参照:月ごとにみる都道府県別の雨量(国土交通省)

台風シーズンは業者も断る?

台風が多く発生する時期は、7月、8月、9月、10月です。

気象庁のデータによれば、1年間で最も台風が発生するのは8月で平均5.9回。続いて9月の4.8回となっています。その前後月の7月と10月でも平均3.6回も台風が発生しているのです。

月別の台風発生数
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
台風発生数0.30.10.30.61.11.73.65.94.83.62.31.2

参照元:台風の平年値(気象庁)

また、2018年は7月に1回、8月に2回、9月に2回の台風が日本に上陸しています。

月別の台風上陸数
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
台風上陸数122

参照元:台風の上陸数(気象庁)

ちょっとやそっとの強風では、足場はビクともしません。ですが、台風となると話は別。足場倒壊は最悪の事態です。

【台風21号】猛威!大阪市 肥後橋 足場 倒壊

足場が崩れて建物を損傷してしまうリスク、そして何より職人さんの身の安全を守るために、台風シーズンは慎重になる業者も珍しくありません

また、台風が過ぎ去った後も、雨漏りや破損といった補修工事の依頼が増えるため、日程調整もシビアになりがち。

あとは、夏場ということで、塗装工事中は窓が開けられないというのもデメリットでしょう。

尾崎
尾崎

寒い日より、暑い日の方が塗料の匂いがキツく感じるという意見もあります

年末年始は業者も多忙

業界あるあるですが、リフォームは年内に済ませたいという需要は結構多いです。とくに、12月の年末は外壁塗装の駆け込み需要が増える時期なんです。

お休みを取りたい職人さんにとっては、悩ましい時期です。

また、降雪地域では気温や天候による作業中断もあります。

雪が降ると外壁塗装工事は中断する

塗料メーカ推奨値では「塗装に適した気温は5度以上」とあります。つまり、気温が5度を下回る真冬は塗装に不向きな季節。

気温は12月に下がり始めて、1月がピーク、地域によっては2月も5度を下回るので注意です。

尾崎
尾崎

職人時代の思い出話ですが、真冬の外壁塗装工事で水性塗料が凍ってしまい大変でした笑

外壁塗装のベストシーズンは3月、4月、11月

以上の理由から、消去法で考えられる外壁塗装のベストシーズンは3月4月11月。気温や天候も安定している時期ですね。

作業しやすい環境なら、職人さんのモチベーションも高くて、仕上がりも良いですからね。

外壁塗装のベストシーズンは3月、4月、11月

外壁塗装に適さない時期を選ぶメリット

外壁塗装に適した時期をご紹介しましたが、あえて外壁塗装に適さない時期を選ぶツワモノもいます。その理由は以下の3点。

  • 安い
  • 予約が取りやすい
  • 工事が早く終わる

春と秋の繁忙期を避けることで得られるメリット。需要と供給のバランスを逆手に取った裏技です。

仕事が少ない時は安くても受けるし、依頼が少なければ予約を入れやすく、職人の数も増やせる。

安さや早さ、自身のスケジュールを最優先させたい場合は、あえて外壁塗装に適さない時期を選ぶというのもアリなのかもしれません。

ただし注意すべきポイントは、必ず実績がある業者に依頼すること

天候が安定しない時期の外壁塗装は、急な天気の変化にも柔軟に対応できる経験やスキルが求められます。適当な仕事をする業者に頼んでしまったら最後。後悔することになるでしょう。

尾崎
尾崎

自社のホームページを持たない個人工務店、口コミが少ない、職人さんは下請け頼みといった業者は避けたほうが無難でしょう

緊急性が高いなら時期は関係ない

最適な時期を待っている間にも、外壁の劣化は進みます。

変色、汚れ、チョーキング、苔、藻、カビ程度であれば急ぐ必要はありません。

ただし、外壁やシーリングがひび割れていたり、塗装が剥がれているなど、明らかに破損している場合は急いだ方がいいでしょう

外壁のクラック(ひび割れ)

こうした症状をそのままにしておくと、外壁が腐食して崩れ落ちたり、断熱性が低下したり、最悪の場合、雨漏りする可能性もあります。

外壁塗装のベストシーズンを待っている間に、建物自体が取り返しのつかない状況になりかねません。

外壁サイディング張り替え、柱の入れ替えなんてやると100万円じゃ済みませんからね。構造改修で200万円、300万円の世界です。

断熱材の湿気とカビ

ですので、緊急性を要する場合は時期は関係なし。すぐにでも補修をしてもらうべきです。

尾崎
尾崎

外壁が明らかに破損している場合は、まず補修・修繕!塗装はその後です!

外壁塗装の工期目安は2週間、申し込みからだと1ヶ月

一般的な戸建の外壁塗装の工事期間は、着工から7〜14日(2週間)ほどです。

足場は半日で組み上がりますが、その後に高圧洗浄、下地処理、養生、下塗り、中塗り、上塗りといった工程を行うため、皆さまが思っているほど時間が掛かります。

また、申し込みから計算すると、現地調査、見積もり作成、契約、塗料・色選び、近隣住民への挨拶回りなど、短くとも1ヶ月は見ておいた方がいいでしょう。

ギリギリに依頼して、梅雨、台風、年末年始シーズンに割り込んでしまわないよう、スケジュールを調整に注意しましょう。

尾崎
尾崎

外壁塗装工事は、ベストシーズン(3月、4月、11月)の1ヶ月前から動き出しましょう

業者としてはいつの時期に受注したい?

余談ですが、業者としてはいつの時期に受注したいのか、職人100名にアンケートをしてみましたので、参考にしてみて下さい。

職人アンケート:外壁塗装するなら何月?
投票数職人のコメント
1月0票寒いから、雪が降るかもしれないから、年始はゆっくりしたい
2月2票寒いから、雪が降るかもしれないから、寒いほうが作業しやすい
3月15票ちょっと肌寒くてちょうどいい気温、空気も乾いて塗装に適している
4月13票暖かくて仕事しやすい、新入社員が入って人手が多い、花粉は辛い
5月6票暖かくて仕事しやすい、雨が降り始める時期で日程調整が難しい
6月0票梅雨は極力依頼を受けたくない、雨が降ると足場が滑って危険、作業着が濡れるとテンションが下がる
7月1票梅雨明けでジメジメする、日差しが強くて熱中症が辛い
8月0票日差しが強くて熱中症が辛い、出来ることなら外に出たくない、足場が熱くなって軽く火傷する
9月3票まだまだ暑い日が続く、台風が上陸したら何もできないから
10月9票台風が多いイメージ、台風が原因で施主とのトラブルを経験したから、天気が安定しないとクオリティも下がる
11月16票涼しい、湿度が低いから作業しやすい
12月4票寒い、年末で忙しい、年末は休みたい
いつでもOK31票プロならいつでも対応すべき
尾崎
尾崎

職人さん的には「いつでもOK」が最多…本音を聞かせてぇ笑

時期よりも大切な業者選び

外壁塗装に適した時期を選ぶことは大切です。繁忙期を避ければ安くなるかもしれませんし、気温や天候が安定している季節なら仕上がりが良くなるかもしれません。

ですが、外壁塗装に適した時期選びよりも大切なことが、信頼できる業者を選ぶことです

残念ながら、塗装業界には悪質な業者も存在します。施主への説明を怠る、塗り回数を省く、雨が降って乾燥が不十分でもごまかす、保証がないなどなど…様々なトラブルが起きていると聞きます。

尾崎
尾崎

施主が何も知らないからと、手抜きな塗装工事をする悪質業者は存在します…

だからこそ、塗装工事を依頼する上で最も大切なことは、優良な業者を選ぶことだと思います。信頼できる業者であれば、最後まで責任を持って対応してくれますからね。

優良な業者を見極める自信がないという方は、業者仲介サイト「ヌリカエ」を利用してみて下さい。

外壁塗装業者の比較サイト「ヌリカエ」

外壁塗装業者の比較サイト「ヌリカエ」は独立した第三者機関で、業者側のサービスではありません。

経営実態や施工実績など、厳正な審査に通過した全国850社以上の優良業者とのみ提携。その中から、地域の外壁塗装業者を数社を紹介してくれます。

紹介手数料も無料なので、とりあえず相談だけでもOK。1人で悩まず、業者選びのプロに頼ってみましょう。

【ヌリカエの簡単無料見積もり】外壁塗装の業者を紹介してもらう

コメント募集中!この記事はどうでしたか?

タイトルとURLをコピーしました